音楽生成AIサービスは商用利用可能?選び方をご紹介します

音楽生成AIサービスは商用利用可能?選び方をご紹介します

音楽生成AIサービスの特徴や選び方をご紹介します。

商用利用可能なサービスを見つけ、音楽創造の新たな可能性を探しましょう!

目次

音楽生成AIとは

音楽生成AIイメージの見出し画像

音楽生成AIは、人間の創造性を補完するツールとして活用されており、新しい音楽のアイデアを提供し、作曲家や音楽プロデューサーの制作プロセスを支援することが期待されています。

音楽生成AIの基本的な仕組み

音楽生成AIの基本的な仕組みは、主に以下のようなステップで構成されています。

STEP
データの学習

音楽生成AIは、膨大な量の音楽データを学習することから始まります。

このデータには、楽曲の音符、リズムパターン、コード進行、メロディーなどが含まれます。

STEP
モデルの構築

学習したデータを元に、AIモデルが構築されます。

一般的には、リカレントニューラルネットワーク(RNN)や生成的敵対ネットワーク(GAN)などの機械学習アルゴリズムが使用されます。

STEP
音楽の生成

AIモデルによって、新しい音楽が生成されます。

AIは学習したデータからパターンを学習し、それに基づいてオリジナルの楽曲を作曲することが可能です。

STEP
評価と修正

生成された音楽は、人間の評価を受けます。

それに基づいてAIモデルが修正され、より良い品質の音楽を生成できるように改善されます。

音楽生成AIと著作権

画像生成AIのイメージ

音楽生成AIと著作権は、AIによって自動生成された音楽作品に対して誰が著作権を所有するかという問題や、既存の著作権との関係などに関連する複雑な問題が浮上しています。

以下にその詳細を述べます。

著作権の所有権

著作権は一般的に作品を創作した個人や団体に帰属します。

音楽生成AIによって自動生成された音楽作品の著作権は、その作品を作成したAIの開発者や所有者、あるいはAIを使用した個人や組織に帰属する可能性があります。

したがって、AIの利用条件や開発者との契約によって著作権の所有者が異なることが考えられます。

既存の著作権との関係

AIによって生成された音楽作品は、既存の著作権を侵害する可能性があります。

特に、AIが学習したデータセットに含まれる著作権保護された音楽素材やその要素を含んでいる場合、生成された音楽作品がオリジナル作品と酷似している場合には著作権侵害の疑いが生じます。

利用許諾と契約

AIを利用する際には、AIの利用規約やライセンス契約などに注意を払う必要があります。

一部のAIツールやプラットフォームは、生成された音楽作品の所有権や使用権に関する規定を含んでいる場合があります。

ユーザーはこれらの条件を遵守する必要があります。

法的規制と対策

著作権の問題に対処するためには、法的規制や専門家の助言を求めることが重要です。

著作権保護の対象や法的責任、ライセンスの取得などに関する知識を持つ弁護士や専門家に相談することで、問題を回避するための対策を講じることができます。

各音楽生成AIサービスの特徴

音楽生成AIイメージの見出し画像

以下にいくつかの主要な音楽生成AIを紹介します。

2024年3月時点の情報になります。

Jukebox

Jukebox
(出典:openai.com)

OpenAIが開発した音楽生成AIで、リアルな楽器演奏や歌声を含む音楽を生成することができます。

Jukeboxはさまざまなジャンルやスタイルの音楽を作曲することが可能です。

今のところ無料というだけでなく、商用利用も可能となっています。

公式サイト:Jukebox

AIVA

AIVA
(出典:www.aiva.ai)

AIVA(Artificial Intelligence Virtual Artist)は、クラシカルな音楽を生成するためのAIプラットフォームです。

AIVAは交響楽曲やピアノ曲などを作曲し、ユーザーが独自の楽曲を制作するのに役立ちます。

フリープランは商用利用不可という以外に、クレジットの表記が求められます。

公式サイト:AIVA

SONIC Pi

SONIC Pi
(出典:sonic-pi.net)

SONIC Piは、ライブコーディングと呼ばれる手法を用いて、リアルタイムで音楽を生成・演奏できるオープンソースのソフトウェアで、プログラミング言語「Ruby」を用いて音楽を制作するのが特徴です。

無料で商用利用が可能ですが、さまざまな条件があるのでしっかり確認して使用するようにしましょう。

公式サイト:Sonic Pi

Mubert

Mubert
(出典:mubert.com)

Mubertは、AI技術を用いてリアルタイムで音楽を生成するサービスです。

生成された音楽を「ストリーム」として配信し、ユーザーが自分の好みに合わせてカスタマイズすることができます。

無料プランは月25曲まで生成可能ですが、個人利用に限定されるため、商用利用したい場合にはプロプランに加入して月額料金を支払う必要があります。

公式サイト:Mubert

Suno

Suno
(出典:suno.ai)

Sunoは、テキストに基づいて音楽を生成するAIサービスです。

シンプルなインターフェースで、専門知識がなくても簡単にオリジナル曲を制作できます。

無料プランは月3曲までの個人利用のみとなるため、商用利用は有料プランへの加入が必要です。

公式サイト:Suno

Evoke Music

Evoke Music
(出典:evokemusic.ai)

Evoke Musicは、ポップス、ロック、ジャズ、クラシックなど、幅広いジャンルに対応しているほか、日本語に対応しているため、専門知識がなくても簡単に操作できます。

シンプルなインターフェースで、音楽制作の初心者でもすぐに使い始められます。

商用利用可能ですが、無料プランがありません。

公式サイト:Evoke Music

Humtap

Humtap
(出典:humtap.com)

Humtapは日本語に対応しているため、専門知識がなくても簡単に音楽制作できます。

また、鼻歌や口笛でメロディーを録音するだけで、AIが自動的に伴奏を生成します。

商用利用可能ですから、音楽制作の仕事をしている人にもおすすめです。

公式サイト:Humtap

商用利用可能な音楽生成AIツールを選ぶ際の注意点

注意を促す見出し画像

このように、音楽生成AIツールが多数混在する中、無料で商用利用可能なケースもありますが、条件があることもあるので注意が必要です。

商用利用可能な場合でも、以下の観点でチェックをおこなってから使用するようにしましょう。

  • 利用規約: 著作権やライセンスなどに関する決まりが書かれています。商用利用の条件を守っていないと規約違反として使用が停止されることがあります。
  • 料金: プランによって商用利用が可能かどうか、ツールによって異なります。
  • 品質: 商用利用可能でも、生成される楽曲のクオリティが低ければ意味がありません。
  • サポート: 問い合わせやトラブルに対応しているか、日本語で問い合わせできるのか、メールや電話など方法についても確認しておきましょう。

無料トライアルやデモ版を提供しているツールもありますので、事前に試してみることをおすすめします。

音楽生成AIを使用するならクラウドGPUがおすすめ

音楽生成AIをローカルにインストールして利用する場合、高スペックなPCがあると生成時間が短縮され便利です。

高スペックなPCで音楽生成AIを試してみたい方は1時間50円から借りられるGPUクラウドサービスがおすすめです。

【業界最安級】GPUクラウドサービス| GPUSOROBAN
https://soroban.highreso.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

画像生成AI、文章生成AIなど最新のAI生成に関連する情報を発信。

目次